夢占いは心の中を見せる?

占いにはいろいろな方法がありますが、夢占いもそのひとつです。
これは夢の内容には無意識の世界から届くメッセージが潜んでいるので、それを紐解くことでその人の心理状態や今後起こり得ることがわかるという考え方からなっています。
夢はいわゆる「深層心理」の表現であるというわけですね。
ただし、夢の中に出てきた「シンボル」がその人にとってどのように感じているかによって解釈の仕方は大きく異なります。
たとえば「母親」が夢に出てきた場合、ある人にとっては「愛情いっぱい」の存在かもしれませんが、別の人にとっては「憎しみ」の対象であることもあり得るわけです。
このように、夢に出現した「シンボル」がその人にとってどのような存在であるかと知らなければ正確な夢占いは不可能なのです。
また、その国や習慣などによっても解釈が全く異なることもあります。
「黒ネコ」はヨーロッパをはじめ海外では不吉な象徴ですが、イギリスでは幸運を呼び込むという考え方もあります。
日本でもあまりいい存在とされていませんが、宅配便の会社がマスコットとして採用しているといった例も存在します。
つまり夢占いはその人の考え方がどれだけ反映されているかが問題なのです。
夢の内容が楽しい、明るいものなら気にする必要はないかもしれませんが、不吉であったり自分でもわけのわからない夢を連続してみる場合には優秀な夢占い師に相談してみるのもいいでしょう。

こちらもおすすめ▼

  • 占いへのスタンスは気軽に占いへのスタンスは気軽に 占いを好きな人、信じている人は少なくないようですが、あまりのめり込んでしまうのは考えものです。 あくまでも占いはその結果によって自分でいかに方向性や考え方を決めるかの手助けをし […]